看護師は残業なしの職場へ転職しよう

看護師が残業のない職場を探す方法

残業なしの職場をあきらめていませんか?

残業なしの職場をあきらめていませんか?

看護師が転職を決める理由のひとつに残業があります。

残業のない職場、もしくは・残業代をきちんと払ってくれる職場をあきらめていませんか?

そんな職場はきちんと実在します!

今は看護師向け求人サイトというものがあり、しっかりとしたリサーチ力を持っています。あなたの転職目的が残業のない職場なら、それに合わせてリサーチしてくれます。

数々の転職をサポートしてきた看護師求人サイトは多くの病院と信頼関係が築かれていますし、斡旋した看護師からアンケートなどで生の声を集めています。 つまり、個人では知り得ない情報をたくさん持っていますので、これを利用しない手はないでしょう。幸いなことに登録も簡略化され非常に使いやすくなっています。




看護師は残業をしているにもかかわらず、残業代が支払われないケース、いわゆるサービス残業が横行している業界です。サービス残業が月に数十時間といったことも珍しくありません。労働時間をオーバーして働いているのですから、それに対しての報酬は当然です。しかし、残業代は支払われず、長時間のサービス残業が当たり前になっている風潮があります。

そこで転職先を探す際には、残業の有無をキーワードにする人も少なくありません(ちなみに他のキーワードとしては「高給」「日勤常勤」などがあります)。

あなたが転職する場合、残業のない職場、もしくは残業のある職場、どちらを選びますか?

残業のない職場を選ぶ

当然、転職先の条件として残業がない職場を選ぶ人がほとんどでしょう。

就労時間になっても帰宅することができないとなると、プライベートの予定も変更を余儀なくされます。 家事や育児と両立をして働いている人は、帰宅の時間が遅くなり、家族に迷惑を掛けることにもなりますね。

それに、夜勤明けの残業というのはツラいと思いませんか?トラブルの多かった夜勤帯の後処理は、当事者としての責任感もありなかなか帰りにくいものです。

残業をしたとしてもそれに対しての報酬が支払われると良いのですが、サービス残業となるとやってられませんよね。その結果、残業がない職場へ転職をする人が増えています。

残業がない職場として人気があるのが、民間企業です。民間企業の医務室に勤務をし、社員の体調管理を行うのが仕事です。定時になれば帰宅ができますので、残業のない職場としてとても人気があります。

また、ナース専用の派遣会社に登録するというの一つの方法です。ご存知のように派遣社員は基本残業をしません。もしするようなことになっても、派遣会社が様々な交渉をしてくれますから、割り切って務めるのならば良い方法です。

残業のある職場を選ぶ

残業=嫌なイメージがあります。

しかし、それはサービス残業の場合で、がっつり稼ぎたい人には残業もありがたいものかもしれません。

ここで重要なのは、

  • 残業代がしっかり払われているか。
  • 実際の残業時間はどのくらいなのか。

という点です。

最近の求人情報には「残業:月○○時間」といったように明記されていますが、実は看護師確保に必死な病院側が、残業の少なさを魅力的な条件として提示しているに過ぎず、明記されている内容の真偽は怪しいという場合が多いということはご存知でしょうか?。

本当にその時間だけの残業なのか。残業代はしっかりと支払われているのか。その辺りはしっかりとリサーチをしなければいけません。


看護師と健康